お金を借りる方法 ネット

公式サイトの3秒診断で借り入れできるかわかります

 

◎→スマホから借り入れ申込可能なプロミス

スマホやパソコンからその場で借りれるサービスを利用する

急にお金が必要になったときには、ネット経由でその日のうちにお金を借りられるサービスを選ぶことが大事です。

  1. 大手サービスの安心感・情報漏れを防いでくれる
  2. 借入までのスピード
  3. 低金利 or 無利息

この3つを重視しているところがおすすめです。

 

スマホやパソコンのネットから借入申込するオススメのサービスはココ!


3秒診断で借り入れ可能かチェックできる!!
土日祝日夜間も申し込みOK!!

プロミスはスマートフォンやパソコンで申し込みができて、最短1時間融資でお金を借りることもできるのが大手サービスです。

プロミスの人気のポイント
  • 最短1時間融資
  • 30日間無利息サービス(※詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。)
  • 大手なので安心感が抜群!
  • 全国どこからでも来店不要・スマホなどで申し込みできる

 

※プロミスは、学生主婦でもパート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

 

結婚式のご祝儀や旅行費用の捻出などで、どうしても今日お金を借りたいということもありますね。

 

そんな時には、まずは少しでも早い時間に申し込みすることが肝心です。その際の申込み手続きに多くの時間を掛けなければ、その後の手続きはスムーズに流れて行くことでしょう。

 

今日お金借りるならインターネットで申込する方法がおすすめ

今すぐお金を借りるには、便利で速い申込み方法を選択する必要があり、来店・郵送・電話・FAXといくつもの選択肢があるものの、おすすめはネット申込みとなります。

 

ネットでお金を借りる方法がおすすめの理由は、2つの大きなメリットがあるからです。

 

1つ目は、インターネットで申込みする場合なら24時間365日いつでも受付けしてくれるということです。どうしても今日お金借りたい時には、いつでも申込みを受付けてくれることが必須となります。

 

例えば、深夜に突然お金が必要となることもありますよね。夜中であっても申込みしておけば、営業開始後に朝一で審査してもらえるかも知れません。即日融資を受けるためには早めの申込みが重要となります。

 

2つ目は、申込みの方法がインターネットであれば、自宅に金融機関からの郵便物が送られて来ない方法が選べることです。見慣れない差出人からの郵便物が届いた場合、一人暮らしの人であれば問題ないかも知れませんが、親や家族と暮らしている人にとっては借金がバレる大きな原因ともなり得るでしょう。

 

ネット申込みがおすすめの理由はこの2点にあるのですが、詳しくは以下で解説していきます。

ネットでお金を借りる方法がおすすめな理由は主に2つ

  1. 今日お金を借りたい時に24時間365日いつでも申込可能
  2. 自宅に郵便物が送られない方法を選べる

 

 

今日お金借りたい時に24時間365日いつでも申込可能

ネットでお金を借りるメリットは、24時間365日、朝や昼だけでなく夜間でもネット申込みが可能なことです。

 

今日お金借りるためには申込みを素早く完了させる必要があり、いつでも申込みできるインターネットでの手続きは最速の申込方法と言えます。

 

ネット申込みでキャッシングするためには、次のようなものが必要になります。

ネット申込みに必要な物

PC(パソコン)・スマホ・タブレット・携帯電話(ガラケー)の内1つでも持っていれば、金融機関への借入申込みがインターネットからも可能です。

 

ただし、今現在で多くの人が利用しているものと言えば、PCあるいはスマホということになるでしょう。

 

使い勝手の良さや持ち運びの簡単さでは、PCやスマホにはタブレットやケータイにはない便利さがありますよね。以下でパソコンやスマホを利用してネットからお金を借りる方法のメリットについて紹介していきます。

 

パソコンでお金を借りるメリットはスピードの速さ

パソコンにはデスクトップとノートパソコンの2種類があり、それぞれには違った利便性がありますね。

 

それでも両者に共通して言えることは、スピードの速さです。

パソコンでネット申込みするメリット

  • 一度で素早く多くの情報を知ることができる
  • キーボード操作による申込みフォームへの入力が簡単・速い

PCの画面は大きいため、一度に多くの情報を見ることができます。申込みに必要な事柄を素早く知ることができるので、急いでいる時にはやはりパソコンを利用した方が便利ですよね。

 

面倒な申込フォームへの入力についても、携帯電話などで地道に文字を打ち込むよりPCのキーボードに入力した方が手っ取り早いです。入力にかかる時間を短縮できるので、スピード重視ならパソコンが断然おすすめと言えるでしょう。

 

パソコンでお金を借りる方法は外出時に難アリ

日頃から外出時にも仕事や勉強などでノートパソコンやモバイルパソコンを使っている人なら特に問題ありませんが、それ以外の人が自宅や会社・学校以外でPCを使って借入申込みするのは難しいでしょう。バッテリーやネット環境の問題などもありますからね。

 

パソコンでお金を借りる方法では、基本的に場所が特定されてしまうことが唯一のデメリットと言えるのです。

 

スマホでお金を借りるメリットはいつでも何処でも申込OKなこと

スマホでお金を借りる方法には、外出時でも手軽にお金が借りれるという大きなメリットがありますよね。

 

たとえば、こんな時でも借入れの申込みが可能です。

スマホならどんな時でも借入申込み可能

  • カラオケで順番待ちの時
  • ファミレスで注文の料理を待っている時
  • 温泉旅行中にお金が足りなくなった時
  • 友人と待ち合わせをしている時

このようにスマホでお金を借りる場合には、場所や時間を選ばずにキャッシングの申込みができます。いつでも何処でも申込みOKであり、パソコンにはない利便性となっているのです。

 

更に、スマホはパーソナルなものであるため、誰にも内緒でネットでお金を借りる方法にも活用できます。

 

消費者金融からお金借りるならスマホアプリの利用が便利

借入先を大手の消費者金融に決めた場合で、スマホから申込みするなら専用アプリの利用が便利です。

 

大手ではスマホ専用アプリを用意しているので、必要書類の撮影や送信、項目の入力などもアプリの機能を利用すれば簡単で速いというメリットがあります。

 

例えば大手のアコムには「アコムナビ」という専用アプリがあります。大手の専用アプリはandroid用・iPhone用のどちらも用意されているため、OSの種類に関係なくスマホで新規申込みすることもできるのです。

アコムの専用アプリ

 

iPhone用

 

android用

スマホアプリが便利なのは申込みだけではありません。一部の大手消費者金融では借入や返済にも専用アプリが利用できるようになっています。スマホATMとしてセブン銀行ATMからカードレスで今日お金を借りることも可能です。(→スマホATMについての記事はこちら

 

スマホでお金を借りる方法には注意点もある

場所を選ばず、家族や配偶者に秘密のキャッシングも可能なスマホキャッシングですが、PCを利用する場合とは違う注意点もあるのです。

 

スマホの場合、端末やメールアプリの設定が原因で借入申込みした金融機関からのメールが受信できないこともあります。

 

具体的には、電波状態が悪い・スマホが機内モードになっている・迷惑メールフィルターを設定しているなどが原因となり、審査結果のメールが受信できないなどのトラブルが起きることもあるのです。

 

どうしてもスマホで今日お金借りたい時には重大な障害となってしまうため、借入れの申込みをする前にメールの設定状態についてチェックしておきたいものです。

 

国内三大キャリア「docomo・Softbank・au」でのメール受信トラブルの対処法については、以下のリンクで確認してみてください。

 

国内携帯三大キャリアのメール受信に関する対処法リンク

docomo

docomo公式HP「ケータイトラブル診断 メールの送信・受信ができない」

Softbank

Softbank公式HP「メッセージ、メールの送受信ができない場合」

au

au公式HP「トラブル診断 受信だけできない」

スマホから借入れの申込をする場合には、状況によりメールの受信ができないことがある他にも、パソコンのキーボードよりも個人情報の入力がしずらいというデメリットもあります。申込みフォームへの入力に手間や時間が掛かり、項目の入力ミスが発生しやすい状況にもなるため注意が必要です。

 

自宅に郵便物が送られない方法を選べる

カードローンやキャッシングの借入申込みをする際に気になることは色々とあることでしょう。その中でも親バレや家族バレは大きな心配と言えるかも知れません。借金があることを家族に話す人は少ないでしょうし、話したものならば色々と意見されることは目に見えてますよね。

 

特に金融機関からの郵便物は、家族に内緒の借入れがバレる大きなリスクとなることでしょう。送付されてきた郵便物を不審に思った家族が勝手に開封してしまう恐れもありますよね。なるべくなら自宅への郵送物は無いに越したことはないのです。

 

ネット申込みであれば、契約書やカードの郵送を避けることも可能です。

 

ただし、どんな所でも書類の郵送を避けられるという訳ではなく、一定の条件を満たせる金融機関を選択する必要があります。

郵送物なしでネットでお金を借りる方法

  • 契約書の取り交わし:ネットで契約が完了する金融機関を選択する
  • カードの発行:自動契約機でカードが発行できる金融機関を選択する

自宅に郵便物が送られて来ない方法を選択するには、上記のどちらの条件も満たす金融機関でお金を借りるしかないのです。

 

 ネットで契約完了する金融機関を選ぶ

郵送なしで金融機関からお金を借りるには、契約書の取り交わしを郵送でなくネットで完了する方法にする必要があります。そのため、家族に借入れを内緒にしたいのであれば、ネットでの契約に対応している金融機関を選択する必要があるのです。

 

なかには「契約内容確認書」などの契約書類が郵送される金融機関もあり(参考:Yahoo!知恵袋「こんにちは。 みずほ銀行についてです。」、ネット申込み可能であっても契約手続きがネットでは完了しない場合もあります。

 

アコムなどの審査の速い大手消費者金融であれば、契約がインターネット上で完了するため希望しなければ契約書類が郵送されることもありません。

 

 自動契約機のある金融機関を選ぶ

お金を借りるための手段として、カードを使ってATMからキャッシングする方法を選ぶ場合には、必ず専用カードを受け取る必要があります。問題はカードの受取り方であり、自宅へ郵送されてしまうと家族にバレる場合もあるでしょう。

 

誰にも内緒でお金を借りるには、カードは自動契約機で発行するしかありません。本人限定受取郵便(参考:郵便局「本人限定受取」であれば、家族がカードを受取ることはありませんが、事前にポストへ通知の封書が投函されることになります。家族に開封されてしまえば、お金を借りようとしていることがバレることもあるでしょう。

 

以下のような自動契約機のある金融機関の店舗でカードを発行してしまえば、カードが発送される心配もなくなります。

自動契約機のある金融機関

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • レイクALSA
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行

 

自動契約機があれば契約書の郵送も回避できる

自動契約機ではカードの発行だけでなく契約もその場で行うことができます。その場合であればインターネット上で契約ができない場合でも、自宅に契約書類が郵送されることを回避できるのです。

 

インターネットで借入れの申込みをした後に自動契約機のある店舗へ足を運び、契約手続きとカード発行をその場で済ませることで自宅への郵送を避けることができます。更には「今日お金借りたい!」という時の最短距離となるお金の借り方と言えるのです。

 

パソコンやスマホからネットでお金を借りる流れ

PC・スマホからネットでお金を借りる場合の申込みの流れを簡単に説明します。目的が今日お金借りることである場合には、事前に確認しておきましょう。

PCやスマホでお金借りる時の流れ

  1. 希望の金融機関のホームページを開き、申込みフォームから手続きを開始
  2. 申込みの受付が完了した旨のメールが送信される
  3. スマホのカメラ機能・デジカメを利用して必要書類を撮影して送信する
  4. 本審査が実施される・最短30分ほどで審査回答が連絡される
  5. 契約手続き、振込キャッシングによる借入れ
  6. 希望によりキャッシングカードが郵送される

 

申込み手続きの開始

PCやスマホからお金を借りる時だけでなく、借入申込みの手続きは利用したい金融機関の公式HPを開くことから始まります。大手消費者金融ではスマホから申込みする人のために専用アプリを用意していますので、まずはアプリのダウンロードから始めるのも良いでしょう。

 

ただし申込みする前に、HPに書かれている利用条件を満たしているか確認する必要があるのです。

 

ほとんどの場合で共通しているキャッシングの利用条件は以下の通りとなっています。どちらにも該当する場合には、さっそく申込みフォームに必要な項目を入力していきましょう。

キャッシングの利用条件には2つの共通点あり

  • 20歳以上である
  • 継続的に安定した収入がある

 

申込みを確認するメールの送信

申込フォームの送信が済むと、申込みの事実を確認するためのメールが送信される場合が多いです。ただし、利用する金融機関によってはメールではなく電話連絡となる場合もあるようです。

 

借金の家族バレ・親バレなどが心配な場合には連絡先を固定電話でなく、自分の携帯電話の番号にしておくと安心でしょう。

 

必要書類の送信

申込みの手続きが完了すると、金融機関から本人確認などのために必要書類の送信を求められます。大手の金融機関で提供しているスマホ専用アプリがあれば、必要書類をカメラで撮影して送信することも簡単にできるようになっているのです。

 

注意点としては、必要書類(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)の撮影をする際には、書類全体がカメラに収まるように固定する、文字がピンボケすることなくハッキリ見えるように気をつけることが大事です。

 

ここで手を抜いてしまうと結果、何度も画像を送信する必要が生じます。時間のロスを極力避けるため、解像度を高くするなどの工夫が必要です。

 

本審査の実施、審査回答の連絡

インターネットで借入れの申込みをすると、仮審査が行われます。申込みの内容を確認するのが主となっていますが、仮審査の後に行われるのが本審査なのです。

 

本審査では信用情報の照会や、申込みに申告した勤務先を確認するために職場へ電話が入る「在籍確認」が行われています。

 

本審査が終了すると審査結果がメールで送信されてきます。人気のキャッシングサービスでは審査のスピードが速いため、最短30分で連絡が入る可能性もあるのです。金融機関からのメールが受信可能か前もって確認しておきましょう。

 

契約手続き、振込みキャッシングでの借入れ

審査が通れば、次は契約手続きとなります。スピードがメリットの金融機関では、振込みキャッシングでの即日借入れも可能であり、契約手続きもインターネット上で行うことができます。

 

借入方法で振込みを希望しない場合には、カードでATMからキャッシングすることも可能です。自社ATMの他、提携ATMとして金融機関だけでなくコンビニATMでの利用もできます。

 

今日中にネット借入れするタイムリミットは平日14時

初めて金融機関でお金を借りる場合、通常は振込みによる借入となるため、どうしても今すぐお金を借りたいなら平日の14時ごろが即日融資のタイムリミットとなるんです。

 

この時間までには契約が完了していて、なおかつ振込みの依頼が済んでいる必要があります。この時間を過ぎてしまうと、今日中にネットでお金を借りることが難しくなってしまうのです。通常は翌営業日以降の振込みとなるため、急いでいる場合には朝の内の申込みがおすすめです。

 

大手消費者金融なら時間外・土曜日・日曜日・祝日も借入可能

ネットでお金を借りる方法は便利だけど、時間外や土曜日・日曜日・」祝日だと今日中にお金借りれないのでは?と考える人もいるでしょう。

 

確かに、休日の即日振込みは難しい場合が多いです。とは言え、大手消費者金融なら自動契約機があるので、カードを即日発行できれば平日の14時以降や土日・祝日の申込みでもATMからお金を借りれる可能性があります。

 

提携金融機関のATMが稼働していなくても、コンビニATMならば一部の時間帯をのぞき基本的に24時間利用できるのです。

 

希望の場合キャッシングカードの郵送

どうしても今日お金借りる必要がある場合には、自分の銀行口座に振込融資してもらうよりも、今すぐ現金を手にしたいということの方が多いかも知れません。急ぎの場合ならば大手の消費者金融では自動契約機からカードを即日発行できるようになっています。

 

ただし、今すぐにカードは必要でない、忙しくて金融機関の店舗に来店する時間がないという場合には、カードを郵送してもらうことが可能です。

 

今日お金を借りる時に知っておきたいこと

どうしても今日お金を借りる必要がある場合には、無事に借入れして目的を果たすことができるか心配になってしまうことでしょう。どこからお金を借りたら良いのかと迷ってしまうかも知れませんね。

 

金融機関からキャッシングするのであれば、審査に通ることができるのか不安を感じる場合もあるでしょう。いっそのこと、激甘審査ファイナンスの金融業者から借りてしまおうかと考える人もいるかも知れません。

 

個人ならばお金を借りやすいかも知れないと、友達や親などにお金の無心をする人もいるでしょう。ですが、個人間融資だからこそ注意したいこともあり、それなりの心構えも必要なのです。以下では、これらの点について解説しています。

お金を借りる相手別で注意したいこと

  • 金融機関から借りる場合:審査の甘い所に注意
  • 他人から個人的に借りる場合:返済の滞納に注意

 

金融機関から借りる時は・・・

消費者金融で現金融資してもらう際の一番難しいところには審査に合格することがあげられるでしょう。審査が心配な方は、大手消費者金融のホームページにある簡易審査で借入可能か試してみると不安な気持ちの解消につながるかも知れません。

 

けれども、簡易審査をパスしたからと言って本審査に必ず合格する訳ではありません。簡易審査はあくまでも審査に通るかどうかの目安と思っていてください。

 

インターネットでお金を借りる方法について検索すると、「ブラックOK、審査が通りやすい」などという業者もあることが分かります。審査に通るのか自信がない人は、審査の甘い金融業者でお金を借りたいと思ってしまうかも知れません。

 

ですが、簡単に融資してくれる会社は、高金利でお金を貸す闇金である場合がほとんどです。高額な利息のため、気付いたらとても支払えないほどの大きな金額に膨らんでいたということも多く、取り立てで危険な目に遭う可能性もあります。

 

確かに、お金を借りたいけど審査があるからどうしようと思う人も多いことでしょう。審査に落ちる原因はブラックリストにのっている人の場合か、無職の場合がほとんどを占めているのです。安定した収入がある人であれば、大手の消費者金融に申込みしてみることをおすすめします。

 

他人から個人的に借りる時は・・・

お友達から借金する場合の留意する点として、借金についての期日をしっかりと相談しておく事が最低のルールです。返済ができなくなった時点で突然居なくなったり、ずっと借りたお金を返さないと、お友達からの人望も無くなります。借りたお金は、きっちりと全額期日までに返済するという意識がどうしてもいります。

 

第一に、親族など身寄りのある人もしくは信頼関係のあるお友達から借りるのがベターです。

 

誰にも頼れそうにない状況にある人でも、お給料が一定以上ある場合には、銀行などに融資をおねがいしたり、カードで借りられるローンを利用して借金をする道もあります。

 

気をつけること

スマホやパソコンを使ってネットでその日のうちにお金を借りれるサービスは便利です。

 

ただし、お金を借りる方法をする時に一番安全なのは、借りる前から返済する予定がしっかりたてられているときだけ利用するようにして、お金を借りる事をよく考えるということです。